肉割れは、見た目以外にも厄介な点があります。それは「かゆみ」です。

ただでさえ妊娠時には女性の身体は敏感になり、様々なものが刺激になります。肉割れがかゆいとストレスですし、思わずかきむしってしまいたくなります。

しかし、絶対にかきむしってはいけません。正しいケアをすれば、いつかかゆみは収まります。

今回は、肉割れによって生じるかゆみとの向き合い方についてまとめました。

かゆみを引き起こす原因とは?

肉割れがかゆい原因は、皮膚の炎症です。皮膚の伸び縮みによって裂けた皮膚が、乾燥とも相まって炎症を起こしているデリケートな状態です。

乾燥した肌は刺激に敏感になっているので、刺激が加わるとさらに炎症は進み、肉割れにも悪影響が及びます。

また、妊娠によるホルモンバランスの変化もかゆみに影響していると言われています。妊娠時にはホルモンバランスが乱れやすいので、皮膚が敏感になりやすいだけでなく、肌の新陳代謝も抑制されます。

さらに、かゆい部分をかいてしまうことも悪化の原因になります。肉割れは一般的な傷跡と同じものですので、とにかく刺激は大敵です。

かゆみを抑える方法とは?

炎症を鎮めるためには、何度も言いますがやはり保湿が重要なカギとなります。

潤いを与えることで、肌のバリア機能を高めると同時に、かゆみを抑えることができます。

もちろん市販のクリームでも保湿はできますが、やはり妊娠線ケアクリームに勝るものはありません。ノワーレは、妊娠によるデリケートな肌状態のことを第一に考えて作られていますし、肉割れの予防やケアにも効果が高いからです。

保湿を行った上で、次に意識したいのは清潔感です。肉割れがかゆみを引き起こしている肌状態は極めて刺激に弱いため、肌を清潔に保つように心がけましょう。

汚れや皮脂などはかゆみを悪化させる原因にもなります。毎日お風呂で洗い流し、清潔な衣類を着用することを心がけたいですね。

私も、妊娠時には様々なものに敏感になりました。太もものかゆみがストレスだったので、肌触りの良いシンプルな下着を着用することでストレスフリーに生活できるようになりました。

様々なものに敏感になる時期ですが、ノワーレを塗る時間は癒しでした。優しい成分と匂い、うるおいで満たされることで、かゆみだけでなく、妊娠時に特有のピリピリとした感情も穏やかになるものです。

肉割れのかゆみなど肌が普段と違うと感じたときには、ちゃんと自分の身体を見つめ直す時間を設けて、肉割れを労わってあげましょう。